新着記事

概要

hoken

生命保険海外旅行保険を始めとしたいわゆる保険と呼ばれるものは、日常生活で起こる様々な危険や事故に備えるためのものである。
交通事故然り、突然の大病然り、こういったことは事前に予測したくてもしきれないことのほうが圧倒的に多い。
そういった不測の事態に対応するにあたって、個人の力では不可能な範囲まで補償してくれるものなのである。
個人では対応できないような大きな損失も、協力してくれる人がいれば対応することが可能となる。
よって、そういった不測の事態に備えるがために、もしも万が一のことに巻き込まれた場合はみんなで協力して助けあいましょう、というシステムとなっているのである。

このシステムに加入しようという人間は、同じ一定の不安を抱える人間と連帯して一定のお金を払って積み立てていく。
それがいわゆる保険料である。
そして、不安の内容は生命保険であったり海外旅行保険などであったり、様々なリスク内容に対するカウンターを形作っていく。
一緒にお金を払っている人間の誰かにその不安が的中してしまった場合、みんなで積み立てたお金から救済がなされるという仕組みとなっているのである。

類似

ruiji単純に、自分の力でリスクに備えるのならば貯蓄を行えば良い。
それは言わずもがな、自明の理として明らかになっていることである。
しかしながらその貯蓄は個人で行うには限界値があることに加え、経済的損失を被った場合はその範囲内でしか対応できない。

だからこそ、加入者同士でお金を出し合うことによって限界を無くしてしまい、保証できる範囲も大きく広げるのである。
似たようなシステムに共済というものも存在するが、共済の場合は特定の地域や職業の会員に限定された保証となる。
また、デリバティブというシステムも損害に関して金銭の支払が発生するが、この場合は事前に取り決めた金額が支払われる。
これに対して、保険であれば実際の損害額を超えた支払いがなく、損害の査定が必要で時間が比較的かかるという特徴がある。

投資信託と比較するのであれば、投資信託はそもそも資金を運用して利益を挙げるための制度である点が違う。
運用していった実績に対してのリターンとなるため、損害を補填するという性格と元々全く違う金融商品であるといえる。

種類

syuruiリスクや損害に対応するための制度は、大きく分ければ3種類の分野に大別することが可能となる。
それは商法と免許の取り決めによって分類されている。
元々は商法の一部として成立していた法律が、2008年には独立した法律として成立して2010年に施工されたことにより、明確な分類が行われるようになった。

大きく3つにわかれた分野の内、生命に関する分野を第一分野と呼ぶ。
すなわち、所定の料金を収めていた加入者に人の生死に関して一定額の補填となるお金を支払うものである。

第二分野は、所定の料金を収めていた加入者に対して、偶発的な事故に関する補填を行うものである。
ここでいう偶発的な事故とは、火災や車両事故、また賠償責任や海上での事故のことを指す。

近来の新たな制度の整備により、身体の障害や疾病に関しての一定の保証も行われるようになった。
傷害やがん、また介護などの分野を補填するこのジャンルを、第三分野と呼ぶ。
第三分野は比較的新たなジャンルであり、2001年から販売許可が降りたという特徴もある。

四角

万が一に備えて、加入している人間が全員協力してお金を積み立てて、万が一が起こった人のことを助ける。
その相互扶助の精神は、言い換えると四角形に例えられることが多い。

個人の貯蓄を三角形に例えたことに対する四角形であるが、これはまさに個人と相互扶助の特徴を言い得ている。
個人での貯金は確かに継続することができれば大きな金額となる。
しかしながらその大きな金額に届くまでに問題が起こってしまった場合、その段階で補填できるのはその時に貯蓄できていた金額のみである。

これに対して、相互扶助できるシステムに加入していることによって、加入してすぐ最大限の保障額を手にすることが可能となる。
よって、貯蓄の多寡に関係なくお金を補填することが出来るのである。
グラフにするとこの違いは明確であり、そのシルエットを取って三角形と四角形に例えられるのである。


おすすめリンク

生命保険の見直し相談を徳島で行うなら「保険おまかせ隊」